ナビィ屋

東京には桜の開花宣言が出たそうです。
このあたりの桜のつぼみも大きく膨らみ、あと数日でどっと桜が咲く感じです。

かみさんがいなくなって二回目の桜を迎えます。
昨年のことがはっきり思い出されます。

まだまだ春を感じない寒い中、彼女は天国に旅立ちました。
歩くことが困難になり、病院に連れて行ってから、次の日、息を引き取るまでのすべてがスローモーションとなって記憶に蘇ります。
その場の切り取られた写真でなく、時間を伴う映像として思い出してくるのです。出来事全体が、一つのピースも外してはならないようなものとして時間のベルトで縛られた袋のようなものに閉じ込めれたているかのようです。

あの日、すべてがばたついていました。自分、家族、そしてかみさんの友達も。心臓はずーっとばくばくでした。ひしひしと伝わる彼女の痛みと苦しさ。先生からは「覚悟してください」と言われながら、それを受け入れられない自分。

みんながそれぞれ一番がんばった日、と僕は思う。
そんな時が終わると寒かったときがすーっと過ぎて急に春めいてくる。
今年もそうだ。
命日を境に急に春がやって来た。
桜のつぼみが急に膨らんで遠くにある桜の木々も寒々した茶色模様から赤みが増して生き生きと存在感を増してきました。

今年もたくさんの桜の花が見れそうです。
ナヴィの鼻の周りはすっかり桜色に色づいています。
e0066099_253122.jpg

[PR]
by nabbies | 2010-03-23 02:06 | 日常

フレンチブルドッグ・ナビィの日記
by nabbies
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新のトラックバック

クリスマスパーティ / ..
from フィンランドマガジン
送別会&忘年会
from ナビィ屋
忘年会
from ナビィ屋
今年のアラビア
from フィンランドマガジン
実家家族小旅行
from チャンプルー日記

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな